toggle
これから横浜鶴見でアパート・マンション・戸建て住宅をお探しの方に耳より情報を発信
2016-03-18

区分所有 マンション 投資と管理

https://new-first.com区分所有 マンション 投資と管理

投資物件の中で、売一括マンション・売アパート・区分所有マンション・貸家・売ビル・土地を購入して駐車場にする。

いろいろな方法がありますが、区分所有マンションについて考えてみたいと思います。

区分所有マンション(以下マンションという)は、ワンルームからファミリータイプといろいろありますが、

ワンルームを所有している方は、主に投資用として購入して運用していると思います。

ファミリータイプは、居住用または、投資用さまざまです。

投資用の場合、やはり運営費(Opex)によって営業純利益(NOI)変わってきます。

固定資産税は、木造よりかなり高くなります。

火災保険は、広さによって変わります。

管理費・修繕積立金も同様です。

同じ、3LDKでも60㎡~80㎡で20㎡(1Kシングルタイプ)ほどの違いがありますが、

投資用で考えるなら、60㎡のほうが効率がいいようの思います。(運営費が抑えられる)

また、管理費・修繕積立金はマンションの規模によって変わります。

大規模マンションは、世帯数も多く管理費・修繕積立金は抑えられておりますが、

世帯数の少ないマンションは、1世帯当たりの負担は高くなります。

管理会社によりますが、いろいろな物件を見てますとそのような傾向があります。

管理会社に委託しない自主管理も、しっかり管理しているところとできていないマンションがあります。

どこで判断するかは、難しいところですが、3期分の決算報告書と議事録は、確認したほうがよいと思います。

隣りと上下にどんな人が住んでいるかは、なかなか調べようがありませんが、マンションの管理体制は、

ある程度わかります。

区分所有マンションの投資物件に、長く住んでもらうには、マンション全体の管理状況がかなり影響してきますので

十分チェックしてから検討いたしましょう。

横浜・川崎で銚子物件をお探しなら https://new-first.com

関連記事