toggle
これから横浜鶴見でアパート・マンション・戸建て住宅をお探しの方に耳より情報を発信
2015-11-16

賃貸住宅ワンプラスサービス

手すり

賃貸住宅で愛着を持ってもらうには

最近、カスタマイズ賃貸やDIY賃貸など、入居者の方が好みに模様替えや、

収納棚など取り付けできる賃貸住宅が話題になっております。

現状では、なかなかオーナーの理解を取り付けるのが難しい状況ですが、

これからの空室対策には、必要ではないかと思います。

では、現状でオーナーの理解を得るにはどこまでができるか?

あれもこれもでは、理解が難しい。

管理会社の募集から契約の流れ

管理会社とすれば、空室を募集する際、

自社のお客様だけではなかなか空室が埋められないのが現状です。

そこで、仲介会社の情報を提供し少しでも来たお客様に

紹介していただくようにしております。

気に入っていただいて、申し込みをいただき、審査が通れば契約です。

何を言いたいかというと、入居者の方と初めてお会いするのが契約の時です。

ワンプラスサービスとは

契約の時に、初めて会うお客様とコミュニケーションを

とりながら物件に対して100%満足している方はおりませんので、

「ここにあれがあったらよかったのに」「これいらないよね」「これ交換したい」など

いろいろ出てくるものです。

その中で、一番必要としているもの(可能なもの)を

サービスでつけて差し上げると、大変喜ばれます。

上記の写真は、お子さんがまだ小さいので階段から落ちないか心配ということで、

オーナーにお話しし、ご理解をいただいて設置した手すりです。

大変喜んでいただきました。

あとは、少しでも長く住んでいただきたいと思う次第でございます。

関連記事