toggle
これから横浜鶴見でアパート・マンション・戸建て住宅をお探しの方に耳より情報を発信
2019-04-04

権利証及び登記識別情報をなくした場合の対処法

不動産売買をする場合、所有権移転登記の際売主の権利証(登記識別情報)・印鑑証明書・実印・本人確認証が必要です。
たまに、権利証を紛失さてる方がおりますが、その際本人確認として公証人に本人であることを証明していただくことになります。
以前は、保証人2人が必要ではがきが郵送されて権利証の代わりになりましたが、平成17年の登記法の改正から今のシステムになりました。

決済当日での対処法

決済当日、初めて権利証がないのが分かった場合、以前でしたら改めて日程調整が必要でしたが、公証人役場に連絡をして公証人が対応してくれるようでしたら、
当日決済できます。
あらかじめ専門家(仲介業者等)に確認していただくことをお勧めいたします。権利証と謄本間違えた方もおりましたので・・・

司法書士の先生に聞いたところ、売主に成りすまして売買をしようとする者がいるそうです。
本人確認は、慎重に行わないと大変なことになります。

関連記事