シニア住み替え自宅で資金

シニア住み替え

本日、読売新聞の記事に掲載されていた「シニア住み替え自宅で資金」を読んでもっともだと思いました。
30年前から不動産業をしておりますが、その頃は40代から50代の方が住宅購入されておりました。
2割以上の頭金がないと変えない時代でしたから30台の方が購入するにはハードルがかなり高かったです。

そのころに新築を購入して築30年、多くは4LDK+車庫付、家族4人。
子供が独立して住宅を購入するケースが多く将来親の家に住むことがほとんどなくなります。
夫婦2人で4LDKは広いし掃除等を考えると2LDKに引越すのもいいかもしれません。
弊社の事務所がある北寺尾周辺でも大きなお屋敷に1人でお住まいになっている方もいるようです。

新聞に書いていたように、売却するか賃貸に出すかは一度査定されてから検討された方がいいと思います。
物件によっては、おもった金額では売れなくても賃料が高めに設定できる物件や、逆に高くで売れそうでも、貸すにはリフォーム代がかさむなど
物件によってまちまちです。

住み替えを考える際のポイントも、まさにそのとおりであります。

住み替え先も、戸建・マンション・老人ホーム等の施設などいくらかかるのかも試算されることをお勧めいたします。
今すぐでなくとも将来の参考になります。
弊社にも、2級ファイナンシャル・プランナー技能士がおりますのでお気軽にご相談ください。

鶴見で住み替えをお考えなら、ニュー・ファーストにお任せください

このエントリーをはてなブックマークに追加