toggle
これから横浜鶴見でアパート・マンション・戸建て住宅をお探しの方に耳より情報を発信
2016-11-17

お困り不動産相談窓口 ~横浜 鶴見 不動産~

宅建免許証

 

1から始まった番号が、5年に一度の更新で数字が増えていきます。今は(4)になりました。

今期で16期になります。

不動産業に携わって29年。

宅地建物取引士(以前は宅地建物取引主任者)になって28年。

私はもう不動産業しかできません。

不動産は人と同じで、一つ一つ同じものがありません。

横浜市鶴見区は、昔からある街ですので新興住宅地と違い、きれいに区画できていない場所が多く

いろいろな問題を抱えた物件も多くあります。

そういう場所で不動産業を営むには、難しい物件(お困り不動産)を時間をかけてでも

解決し、売買できるようにしなくてはなりません。そうすることにより、住みよいまちづくりができると

思っております。

今扱っている案件も、測量の問題・土壌汚染・がけ・宅造の問題・再建築不可といろいろあります。

また、相続等が絡むと人間関係の問題に発展いたします。

協力業者の方と力を合わせて解決し、今後も積極的に活動していきますので、

よろしくお願いいたします。”お困り不動産”の相談お待ちしております。

 

お困り不動産の相談はニュー・ファーストにお任せください。

 

関連記事