ブログ

鶴見のお役立ち情報を発信していきます。

原状回復費用、重荷になってませんか?

原状回復工事費用について

1月から3月まで人の移動が多くあります。
いわゆる引越しシーズンです。
売買の場合は売ったり買ったりとすんなりいかないケースが多くありますが。
賃貸の場合は、どうでしょうか?

川崎の県民センターでの相談員をしておりますが、
圧倒的に多い相談が退去時の原状回復工事費用です。

昔は、出ていく際にリフォーム費用はすべて借主に持ってもらう習慣がありました。
今はどうでしょうか?
国交省の原状回復によるトラブルガイドラインに事細かく記載されております。

どこまで借主さんの負担なのか

正直、管理をしている不動産業者は大家さんの味方が多いと思います。
なぜかというと、今後もお付き合いしていくのが管理会社と大家さんの関係になり
出ていく借主さんはこれっきりの方が多いので致し方ありません。

しかし、法律で決められていることを曲げてまで借主さんに負担させるのはどうかと思います。
とはいっても、大家さんに「どっちの味方だ」と言われてしまわないようにしなくてはなりません。
(過去に言われた経験があります)

しかし、住宅紛争防止条例に基づく説明書の中に、
例外としての特約について
一般原則とは異なる特約を定めることができるとされています。
どこまで認められるかは、微妙ではありますが・・・

長く住んでもらうのが一番

結論から申しますと頻繁に入れ替わるのが一番経費が掛かります。
空室期間もありますし、募集の際に、広告費もかかります。
借主さんに長く住んでもらうことです。

ではどうしたらよいか、契約期間中の修繕として
貸主は、借主が本物件を使用するために必要な修繕を行わなければならない。
とあります。これを実行するのが一番で、
借主さんの負担で行わなくてはならないとされているのが、
電球、蛍光灯、LED照明の取替えまた、その他費用が軽微な修繕です。
中にはパッキンの交換も借主さんが行うこととされている契約書を見ますが
なかなかパッキン交換できる人は少ないと思います。

弊社では、極力現状を見てから業者手配するようにしておりますが
できていないときもあります。

何度も言いますが、気持ちよく長く住んでいただくように努力していくことが大事であります。

鶴見の不動産管理はニュー・ファーストにお任せください

 

空き家の流通を活性化

本日の読売新聞に掲載されていた記事が目に入りました。
空き家の流通を活性化
築30年以上で1年以上空いている物件を借り上げ、6年間転貸する。
所有者には改修費の負担はないが、6年間得られるのは家賃の1割。
残りの9割が転貸先の会社の収入になり改修費を回収し、利益を出すそうです。

確かに空き家になっている物件を見るとリフォーム工事がかさみオーナーは尻込みしてしまう。
その負担を業者が代わりに資金を提供し家賃で回収する。

この方法は、ウインウインの関係になりとても良い方法である。
あとは、しっかりした契約書を作成すればトラブルも無くなると思う。

しかし、6年間常に借り手が退去しないとも限らない。
途中の修繕はどうなるのだろう?
だれが負担するのだろう?
その辺をしっかり詰めておけばビジネスチャンスにもなるし、空き家で悩んでいる人にも助け船になる。

早速わが社でも取り入れたいと思う。空き家を探してお手紙を出そう。

2017年12月19日 | カテゴリー : 不動産知識 | 投稿者 : teraosan

来年のカレンダーです

カレンダー

来年のカレンダーです

お世話になったお客様にお配りしております。

結構気に入っていただいてます。

今年も残すところあと2週間余り

やらなくてはならないことがまだたくさんございます。

風邪をひかないように気を付けます。

2017年12月16日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : teraosan

全日本不動産協会神奈川県本部・横浜支部創立45周年記念式典に出席

全日本不動産協会神奈川県本部・横浜支部創立45周年記念式典・記念講演・祝賀会に出席いたしました。
今までご活躍された先輩方のおかげでこんにちわれわれが業務にたずさわれることに感謝いたします。
これから50年100年と受け渡しをしていきたいと思います。

記念講演では、株式会社経世論研究所 所長の三橋 貴明氏による
演題「日本経済は成長路線に回帰するのか?」の講演では、
国の借金は一人当たり800万円はうそ、国が借金しているのではなく政府が借金している。
経済成長は=生産性向上
技術力向上こそ成長するということで日本もまだまだ捨てたもんじゃないなと感じました。

技術力を向上していけば活路を見いだせる。
なかなか心に響く講演でした。

祝賀会では、約300人が出席し、シャンソン演奏を聴きながら美味しい食事を堪能いたしました。

明日からまた頑張らなくてはならない。
良しまずはお歳暮を配ろう・・・

2017年12月7日 | カテゴリー : 日々の業務 | 投稿者 : teraosan

賃貸募集の際 連帯保証人or保証会社加入?

賃貸物件で連帯保証人を付けるか保証会社に加入していただくか、管理会社によって分かれます。
最近は、連帯保証人さんが見つからないケースが多く、借主さんから保証会社に加入しますという方もおります。
しかし、保証会社に加入の際は身内の緊急連絡先が必須になります。
身内がいない方は、保証会社に断られます。

また、保証会社によって保証料がマチマチです。
連帯保証人を付けてください。というところもあります。
その点、売買より厳しいかもしれません。

法人の場合、会社の代表か入居者様に連帯保証人になってもらいます。
会社の代表の個人情報も必要ですのでなかなか取るのが難しいです。

今後新しい法律で連帯保証人様の上限額を記載する方向に動いておりますので
保証会社加入が増えていくと思います。

2017年12月5日 | カテゴリー : 不動産知識 | 投稿者 : teraosan