再建築不可物件は、賃貸にする方が得  ~横浜 鶴見 不動産~

現在、売却依頼を受けている物件で単独での再建築不可物件があります。
しかし、こちらの物件は詳細に、単独での再建築不可、北側の擁壁が検査を受けていないため建築する際は、建物の建て方等に指導される場合があります。
と記載しておりますが、とにかくお問い合わせが多く、毎週のようにご案内しております。ご案内前は、必ず、上記の説明をしてまた、住宅ローンが難しいのと値引き交渉には応じなれないとの話をいたしますが、
それでも内覧希望者は、毎週お越しいただきます。売主様とは、「売れなかったら、リフォームして貸しましょう」という話になっておりますので値引きしてまでは売る気がないようです。というよりは
売るより貸す方をお勧めしていました。なぜかというと こちらの物件は、生麦駅徒歩13分 土地面積:153.32㎡ 建物面積:124.2㎡ 間取り:5DK+DK 築年数:昭和62年4月 駐車場:無
駐車場はありませんが、賃貸の場合は、再建築不可は賃料に全く影響しません。しかし、売買になるとがくんと値が落ちます。住宅ローンが組めないし正直半値位になってしまいます。
したがって、売主さんも強気になって値引きに応じないという姿勢に変わってきました。来月中旬までに売却できない場合は、賃貸での募集に変わります。

横浜 鶴見で再建築不可物件をお持ちの方はニュー・ファーストにお任せください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月9日 | カテゴリー : 不動産知識 | 投稿者 : teraosan