設備機器の寿命

管理物件で最近、設備機器の故障の連絡が頻繁に入ってきます。
エアコン・給湯器が多いですね。
メーカーに修理依頼すると、どのメーカーも「部品は10年過ぎるとない場合があるので修理できない可能性があります」。
必ず言います。探してもらうと「あってよかったですね」と
確かに、携帯やパソコンなど10年使わないと思いますが、エアコンや給湯器を10年ごとに取り換えていたら収益が上がりません。
しかし、部品を交換できても他の部品がいつダメになるかわからず修理してもまた故障する可能性があります。
したがって修理費用に多額のお金をかけるなら新品に交換するのもいいかもしれません。

先日、管理物件の給湯器が故障しメーカーに診てもらったが交換を進められました。
確か7~8年前に交換したのに何で交換しなくてはならないのか尋ねましたところ
「給湯器自体15年前のですよ」とのこと・・・
もしかして新品付けたときそうこで7~8年ねむっていたってこと・・・・・

これからは、取り付けした時に製造年月日を確認しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加