不動産業者にとっての地域とのかかわり

街の不動産業者にとって、地域で仕事ができるのがなにより喜ばしいことです。

「街の問題を解決し、安心して暮らせる街づくり」に関わっていることが大切です。

では、街の情報はどこから得られるか?

やはり、地元情報は自治会・商店街などから入ってくるケースが多いのですが、

あまり不動産に関係ないことが多く、仕事につながることはあまりありません。

しかし「街の問題を解決し、安心して暮らせる街づくり」を考えますと

不動産の価値も上がってきます。みなさんそういう町に住みたいからです。

そうなると空き家も少なくなり、防災・防犯にも役立ちます。

なので、やはり地域に携わっていろいろな情報をもとに住みやすいまちづくりを

考えていきたいと思います。

私は、商店街(寺尾商和会)と町内会(ひびき町会)で役員をしておりますが、

なるべくやらされ感を出さずに楽しいことを多くやっていきたいと思ってます。

今は、お祭りの季節です。意外とお祭り好きな人って多いですよね。

今年は寺尾商和会で65周年夜店大会9月11日開催いたします。

寺尾商和会の場所は、二本木交番から響橋を渡って水道道(相鉄ローゼンすぎあたりまで)と

獅子ヶ谷通り沿い地区センターあたりまで)にあるお店が会員になっております。

 

みなさんで明るい街にしていきましょう!

 

夜店大会

 

鶴見の不動産はニュー・ファーストにお任せください

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月21日 | カテゴリー : 地域情報 | 投稿者 : teraosan