マンション管理士

昨日、今日でオープンハウスを開催いたしました。

オープンハウスは、来場が日に1組か2組来れば多いほうです。

10年ぐらい前は、5組ぐらい来る日がありましたが、

インターネットで物件の室内写真も掲載しておりますので、

真剣に考えている方が現地に来るようになり話は早いのですが、

時間を持て余らせております。

1組の接客が約30分×2=60分

オープンルーム開催時間が、6時間

約5時間は、話をしておりません。

そんなときの為に、不動産の勉強をしております。

今気になる資格が、マンション管理士です。

難易度が高い割に、人気はいま一つ。

また、資格所得の特権もなく、いまいち盛り上がらない資格であります。

なぜ気になるかは、マンションを紹介していて、決算報告者や議事録、長期修繕計画など

確認させていただきますと、いろいろな問題点が上がってきます。

しかし、内情はよく理解するには、ある程度の知識が必要になります。

また、こうすればいいのにとアドバイスができれば、資産価値も上がります。

なので試験を受けるかは、別にしてどんな内容の試験かを確認する意味で、勉強しております。

流石合格率が、一桁だけあって幅広く知識がないと難しいですね。

・管理に関する法令・実務
・管理組合の運営
・建物と設備の形質・構造
・マンション管理適正化法

10年後には、必要になっていく資格だと思いますので

今のうちに、勉強しておきます。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月3日 | カテゴリー : 不動産知識 | 投稿者 : teraosan