不動産売却査定依頼ありがとうざいました。

先週、不動産の査定依頼があり本日、査定書をお持ちして一通りご説明してきました。

不動産の査定は、まず地域性から判断します。近隣の公示価格からその物件との比較、
そして現地調査では、道路付け・道路幅と向き・平坦か高低差があるか法面があるか違法性があるか、
不適格部分があるか、周辺環境もかなり影響します。建物も、築年数ではわからない雰囲気というものがあります。
私はどちらかというと建物を出来るだけ価値のあるものと判断し既存のものを使えないか考えます。
売主様からみれば、売却後の責任は勘弁してほしいといいます。そこのところがケースバイケースになります。

今回提案したのは、単純に売却するのではなく、時間をかけてまた、
近隣と交渉してできるだけ条件がよくなるようにしてからの売却をお勧めいたしました。
その間、建て替えの方の住まいとして貸家にする。解決してから販売することをお勧めいたしました。

我々の仕事は、成約した際に、仲介手数料という名目で報酬を頂けますので、
交渉中は費用は頂きません(例外は資料取得した費用や出張費、遠方の物件は、交通費等いただきます。)
なので、依頼主も時間がかかっても費用が発生しませんので安心できると思います。

とにかくまとめなくては報酬を頂けませんので必死に頑張ります。
少しでも価値が上がり高く売却できれば報酬も上がります。

交渉が長引いても、短期貸しで賃料が入り、弊社にも管理料が入れば無駄になりません。

年々法整備され、安心して不動産取引ができるようにしていきたいと思います。
そうなると不動産業者がいらなくなってしまうかな?いやいやそれはないでしょう・・・

横浜・川崎で不動産売却を考えている方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月15日 | カテゴリー : 日々の業務 | 投稿者 : teraosan